ノンケミカルBBクリーム 紫外線吸収剤

紫外線吸収剤を使用する際の注意点

紫外線吸収剤の危険性について、再度まとめてみたいと思います。

紫外線吸収剤はまず、毒性があります。
が、配合量を守って入れは危険性はそれほど高くはないという判断です。

毒性の強い紫外線吸収剤には、環境ホルモンや発がん性の疑いのある、オキシベンゾン、フェノールなどがあります。

化粧品の配合全成分は各メーカーの公式サイト、商品ページなどで公開されているものですから、も紫外線吸収剤フリーではないBBクリームや日焼け止めクリームを使用する場合には、目視で確認すると良いと思います。

ただし、現在では大手化粧品メーカーが開発するような日焼け止めなど、紫外線吸収剤をシリコンなどでコーティングしているため安全性は高いと言います。

しかし、肌へ有害なことは事実ですから、紫外線吸収剤が配合した商品は絶対に使わない、と言う方もいることも事実です。

このあたりは個人の考え方もありますし、肌の強さ・敏感さもありますよね。

やはり紫外線吸収剤は肌へ刺激がありますから、配合された日焼け止めクリームやBBクリームで肌荒れしやすい方もいらっしゃいます。

そうした方は、やはり使用は避けたいですよね。

紫外線吸収剤不使用(ノンケミカル)を選んで頂きたいと思います。

開発メーカーとしては、紫外線吸収剤を配合した方がSPF値は高くしやすいのだそうです。
しかし、肌へは負担がかかります。

シリコンに肌が敏感に反応してしまう方もいると思います。
肌が弱い方、敏感肌の方は使わなくて良いのであれば、使わないに越したことはありませんよね。

代表的な紫外線吸収剤

パラメトキシケイ皮酸2エチルヘキシル(オクチル)
パラジメチルアミノ安息香酸2エチルヘキシル(オクチル)
オキシベンゾン(ベンゾフェノン3)
サリチル酸2エチルヘキシル(オクチル)
4-tert-ブチル-4-メトキシ-ベンゾイルメタン

などがあります。

紫外線吸収剤は一品目への添加量が制限されています。

しかし、紫外線吸収剤が配合されている化粧品を複数使う事で、トータルで制限量を超えてしまう可能性があることから、利用は気をつけたい所です。

日焼け止めクリーム、ファンデーションなどUVケアを複数使ってしまった場合に、トータルで制限されている添加量を超えてしまう可能性はありますよね。

知っていれば、気をつけようもありますが、知らなければ知らない事です。

SPF、PA値が高ければ高いほど、紫外線吸収剤や紫外線散乱剤を多く含みます。
ですから、SPF50などの商品をどうしても使わなければならない、といった場合には、しっかりとクレンジングで肌に残らないように洗い落とすなどは気をつけたいですね。

最近では紫外線吸収剤フリーの商品、BBクリームなども低刺激でしっかり紫外線対策できる商品が出てきています。

敏感肌の方は、こうした低刺激で肌に優しいBBクリームを利用されると良いでしょう。

ノンケミカルBBクリーム(紫外線吸収剤フリー)おすすめを紹介 メニュー

ノンケミカルBBクリーム(紫外線吸収剤フリー)おすすめを紹介 トップへ
ノンケミカルで肌に優しいBBクリーム
紫外線吸収剤の危険性って?
紫外線吸収剤の影響。どう肌に悪いの?
ノンケミカルおすすめBB!いくつかご紹介します
敏感肌用 日本製BBクリーム

口コミでも高評価!おすすめノンケミカルBBクリーム

ママバターBBクリームのカバー力・口コミ